読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポロン日記

しがないOLのブログ

小田原市不正需給につき

 

 

この事件についての違和感について書き記しておきます。

 

不正需給について、反対するのはまっとうな意見だと思うんですよ、不正需給は違法ですからね。

 

ただ、自腹で買ったジャンパーを来ていたと…

ここに違和感があるんですよね。

私物を持ち込んでるわけ。

 

どんな大義名分があるとしても、なぜ仕事中にしなければならないのか。当人に不正需給を罰する権限はないんですよ。形式的に要件を充足するか否かしか権限がない。それなのに、あたかも自分には公務員としての正義の行いかのようにこういったことをしていた。

 

私の考えですが、自分に何ら不利益がないときに振りかざしている正義って、すごく危ういと思うんです。もちろん、自分に不利益がなくても他人の訴えるところに共感するというのはありますから、間違ってるとは言わないですが。

 

話を戻して、小田原市の一部の職員の方はおそらく自分の正義感のもと行動されたんでしょう。

でもそれって、偏見までは言わずとも私的な考えじゃないですか。そりゃ、個々の職員が職務の内容として不正需給か否かまで検討して、場合によっては処罰を…ってまで権限があるんだったら、ある意味ジャンパー着るのも仕事のうちですけど。

 

気持ちはわかるんです。自分の仕事にやりがい➡正義感っていうのは多くの人がい経験しますし。

 

こういうときって自分のなかで、仕事が世の中で果たす役割みたいなものが過度に肥大化してて、客観的な視点が抜け落ちてるんですよ。

 

公私混同ってやつ。冷静になるためのいい例だと思いました。